CHANEL J12 H6345 とは

2019-12-29

2019年モデルチェンジ(リニューアル)後の製品である、

CHANEL J12 ファントム(ホワイト) 33mm H6345 について記載します。

CHANEL J12 PHANTOM WHITE 33mm H6345

↑CHANEL J12 ファントム(ホワイト)33mm H6345

どんな腕時計?

2019年08月08日販売開始となっています。

こちらのファントム(ホワイト)は、通常のCHANEL J12 ホワイトよりも白味が多いモデルになります。

ファントムについては、当ブログ内の以下の記事で解説しています。

スペック

  • リファレンス:H6345
  • ケース:高耐性ホワイト セラミック、ステンレススティール
  • ベゼル:逆回転防止ベゼル
  • ダイヤル:ホワイトラッカー ダイヤル
  • リュウズ:ねじ込み式リュウズ、ステンレススティール、高耐性ホワイト セラミック カボション
  • 裏蓋:ステンレススティール
  • ブレスレット:高耐性ホワイト セラミック、ステンレススティール、3重折りたたみ式バックル
  • ムーブメント:高精度クォーツムーブメント
  • 防水性能:200m
  • ケースサイズ縦:不明
  • ケースサイズ横:33mm(リュウズ除く)
  • 風防直径:不明
  • 厚さ:12.94mm
  • ラグ幅:不明
  • カレンダー:なし
  • 夜光:時針、分針、秒針の先端のみ?
  • 重量:不明
  • 腕周り:不明
  • 販売時期:2019年08月08日~
  • 定価(消費税10%込み):588,500円
CHANEL J12 PHANTOM H6345

↑CHANEL J12 ファントム(ホワイト)33mm H6345

特徴

ファントム H6345は以下の特徴になります。

  • ダイヤルとインデックスがホワイト
  • 針がシルバー
  • カレンダーなし

すべてがホワイトとシルバーで構成されています。ブラックがなく、コントラスト弱めのこの色彩が好きな人にはお薦めです。

先代ファントムとの比較

このファントムは2代目になりますので、初代と比較してみます。

↑左が初代ファントムのH3442で、右が現行ファントムのH6345になります。

外見上の大きな違いは

  • 針の色がホワイトからシルバーに変更
  • ベゼルが数字なしタイプから数字ありタイプに変更

くらいでしょうか。

その他は、2019年のリニューアル内容に準じるものです。

針の色の変更により、ホワイト感は弱まりましたが、とても格好良くなったと思います。

個人的な好みとしては針がシルバーになったことはプラスで、ベゼルの変更はマイナスです。

初代ファントムは出回っている中古品を見る限り、通常のホワイトモデル(H0968)に比べてもダイヤルが強く黄ばんでいるものがたまにあります。

現行のファントム(ホワイト)は黄ばまないようになっていることを願っています。

販売相場

ファントム 33mm H6345のCHANELにおける定価は約59万円ですが、並行店だと新品が42万円程度で購入可能です。約28%OFFです。

中古は32万円くらいからあります。

動画

以上。

次の製品 CHANEL J12 H6346

前の製品 CHANEL J12 H6249

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。