CHANEL J12 基本(03)ブラックの種類

2019-07-07

ここでは CHANEL J12 ブラック の素材3種類について説明させていただきます。

ブラックセラミックの2種類

CHANEL J12のケースやブレスレットに使われているブラックセラミックには、ブラック(つやアリ)とマットブラック(つや消し)があります。

左がマットブラック(艶消し)、右がブラック(艶あり)です。

2つの印象はまったく異なります。

マットブラックは落ち着いた印象で、艶ありブラックはかなり派手な印象です。

どちらも屋外の明るいところでは、光の反射によりグレーやシルバーに見えることがあります。

艶ありブラックの特徴

CHANEL J12 CHRONOGRAPH H2419

↑CHANEL J12 クロノグラフ ブラック 41mm H2419

艶ありブラックの方はほぼ傷つくこともないのですが擦り傷程度の場合は、多少研磨しても問題ないと思います。

ツルツルピカピカですが、わずかに指紋が付きやすいという難点があります。

ただし、指紋はつくのですが、「黒いスマホ」のように目立つものではまったくありません。

ちなみに砂に入れても傷つきませんでした。↓

艶消しマットブラックの特徴

マットブラックについては、サラサラです。こちらについては、指紋がほぼつかないのですが、ひっかき傷がつく可能性があります。

白いひっかき傷のようなものがいくつか見れます。

また、(そんなことはないと願いたいのですが)表面が剥げて下地が見えているのかもと思われる箇所もありました。

艶ありブラックと作りが違うということでしょうか。

これらのことや表面処理から考えて、マットブラックについては研磨してはいけないような気がします。

やってみたいのですが、取り返しのつかないことになりそうですのでできません。

いつか機会があれば、余りコマを研磨したり割ったりしてみたいと思っています。

ブラックはラバーもある

さらに、セラミックではありませんがブレスレットについては「ブラック ラバー(ゴム)」もあり、艶消しブラック(マットブラック)と見分けがつきづらいものになっています。

ラバーについては、使い込むとテカテカになってくるようです。

予想ですが、ベタベタにもなる気がします。

ブラック3種を比較

ブラック3種について、独断でメリット・デメリットを比較してみました。

印象メリットデメリット
艶あり
ブラック
派手
ツルツル
劣化
しない
派手
艶消し
ブラック
地味
サラサラ
指紋
つかない
研磨
できない
ラバー地味
ベタベタ
軽い劣化する

CHANEL J12のリリース傾向

CHANEL J12の製品リリースの傾向なのですが、まず「艶あり」のブラックをリリースして、しばらく経ってから同じスペックの「艶消し」版を出してくる傾向がある気がします。

例えば、CHANEL J12 CALIBRE 3125

CHANEL J12 CALIBRE 3125 H2129

↑CHANEL J12 CALIBRE 3125 H2129

からの

CHANEL J12 キャリバー3125 H2918

↑CHANEL J12 CALIBRE 3125 H2918

例えば、CHANEL J12 RMT

CHANEL J12 RMT H2555

↑CHANEL J12 RMT ブラック 47mm H2555

からの

CHANEL J12 RMT H2971

↑CHANEL J12 RMT マットブラック 47mm H2971

とか、です。

ちょっと例が特殊でしたね、すみません。

CHANEL J12 ラバーベルト採用製品

CHANEL J12 でラバーベルトを採用しているのは以下になります。

  • J12 ブラック 33mm H0681
  • J12 ブラック 38mm H0684
  • J12 ブラック クロノグラフ 41mm H0939
  • J12 ブラック Superleggera 41mm H2004
  • J12 ブラック Superleggera 41mm H2039
  • J12 ブラック Superleggera 41mm H2681
  • J12 MARINE すべて

以上、CHANEL J12 ブラックの種類について説明させていただきました。

クロノグラフとSuperleggeraとMARINEについては以下記事を参照願います。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。