CHANEL J12 バックル/板バネの劣化

2020-03-08

バックルに入っている板バネについて。

CHANEL J12 buckle

ずっと同じJ12をしていると分かりづらいものですが、使い込むと段々と劣化し、柔らかくなってきます。

開け閉めするときの「びしっ!」という強烈な感じが、段々と減ってきて「にゅるっ」という感じになってきます。

「開け閉めのしやすさ」という観点では熟成されてきて?開け閉めしやすくなってくるのですが、バネとしては劣化してきているのだと思います。

「なんか、昔より緩くなってきたな」と思っているのであれば、気のせいではないと思います。

私は1度、服を着るときに腕時計が引っ掛かり片側が開いてしまったことがあります。

最終的には折れてしまう気がしますので、メンテナンスに出す機会があれば相談してみたいと思います。

板バネ折れたときに(CHANELで直す場合は)数ヶ月預けることになる、という心の準備はしておいた方がよいかと思います。

他の時計屋さんでもレーザー溶接など、直せるところはあります。

板バネについては、以下の記事にもっと詳しく書きました。

メンテ・DIY関連ブログ内記事

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。

Posted by sp-president