ブログ記事にするほどでもない話(2020/02/16)

2020-02-16

大体が「ブログ」に関することです。

本日なぜかバッタに4回もアクセス

以下の記事です。

何があったんでしょう。他のバッタ記事には一切アクセスなし。

未知のCHANEL J12を発見

今週も今まで知らなかったCHANEL J12を2つほど発見してしまいました。

H2916H5572

終わらない旅…

ブログネタが増えたとプラスに考えます。

そして、H2036というマニアックなものを検索して来てくれた方が1名。

その期待に応えられる情報はなかったと思いますが嬉しい限りです。

ランキングボタンの修正

ずっと気になっていた当ブログの不揃いのランキングボタンの画像を修正しました。

↓修正前(PC版)

↓修正後(PC版)

心がすっきりしました。もっと早くやっていればよかったとも思います。

画像は自分で修正し、長いボタンを作成しました。下4つは高さも合わせました。

(一応宣伝ですが、PCなら右クリックから、スマホならロングタップから、別タブで表示できますので、元の画面に戻る手間がありません。)

デザイン関係無知なのですが、昔のPCの話を。といってもWindows7とか。

ボタンイメージ(画像)には4種類くらい(呼び方適当ですが)「通常」「マウスオーバー(ボタンにマウスカーソルを重ねた場合)」「クリックダウン(クリックボタンを押したとき)」「クリックアップ(クリックボタンを離したとき)」というのがありました。

現在はタッチパネルの影響もあり(タッチメインだと、マウスオーバーという概念すらなくなりますよね)、ボタンイメージもシンプルになりました。

フラットデザインとかモダンデザインとかいうのでしょうか。(厳密には2つは違うようです。)

Windows8あたりで導入された気がします。

それまでは陰影などがあり比較的「リアルで凝ったボタンイメージ」だったのです。

そこから考えると、一気に「ポップ」な感じになり、当時の私には「手抜き」に見えるフラットデザインでした。

時期の記憶が曖昧ですが、新しいOS(Windows 8)のベータ版で画面レイアウトが崩れないかの検査をしており、「えっ!このボタン何?ベータ版だからこんなダサいんだよね?製品版はもっと綺麗になるんだよね?」とずっと不安だった気がします。結果、最終的にもそのままだったわけです。

スマホについてもリアルからポップにどこかで方向転換した気がします。

でも開発者の手間は大きく減りましたね。

今回、ボタンイメージの作成・修正が1種類で済んだのはとても楽で助かりました。

Googleインデックス登録の速さ

先日、腕時計の画像をアップして、30分後に別件でGoogle画像検索したら、先ほど上げた自分のブログの画像が反映されていました。

「こんなに速いんだ」

と驚きました。が、

「うちのブログの画像をそんなに速く反映してくれるんなら、もっとブログ自体を評価してくれよ、Googleさん」

とも思いました。

後日、別記事をアップした後に別件で検索してみたら20分後には検索結果に出てました。

そんなものなんでしょうかね。それとも半年以上頑張ってきたから、なのでしょうか。

まぁ検索結果に表示されることとPVは何の関係もないんですけどね。

コメントたくさんもらっています

毎日たくさんの「コメントスパム」をもらっています。

毎朝処理するのが日課です。

コメントスパム用のロボットは随分前からこのブログを見つけてくれていたようです。

あ~、ジャスティンビーバーがこのブログを見つけて世界に広めてくれないかな~

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。