Wi-Fiが届かないときは延長・中継

2019-03-30

Wi-Fi(無線LAN)中継機

リビングルーム(居間)にWi-Fiルーターがあり、ベッドルーム(寝室)までWi-Fiが届かない場合もあるかと思います。

Wi-Fiがギリギリ届くためつながったりつながらなかったりでストレスが溜まったり、Wi-Fiが届いておらず予想外に有料のモバイル通信でパケットを浪費してしまったり。

Wi-Fiルーターをもっと遠くまで届くものにするのも手ですが、できるだけお金をかけずに対応したいですよね。

そんなときにお薦めなのが、Wi-Fi(無線LAN)中継機。

IO-DATA WN-G300EXP

私が利用しているのは、IO-DATAのWN-G300EXP。3000円程度で購入可能です。

IO-DATAのWN-G300EXP

ボタンは1つだけですので、設定も簡単です。コンセントに挿して使用します。

ずっと前に購入したものですので、今はもっと良いものもあるかと思います。

Wi-Fiルーターと、届かせたいところの中間とかに設置します。

WiFi中継器というよりは、EPSON無線LANプリンタの注意点

EPSONの無線LANのプリンタを使用しているのですが、この中継機を挿している間は無線LANを利用しての印刷ができなくなります。

印刷ができない原因の究明にかなり時間を要してしまいましたので、情報共有のために記載しておきます。まさか中継機が原因だったとは…

おそらく、同じSSIDのWi-Fiの電波を2つの機器(ルーターと中継機)の両方から受け取ると動作しないのかもしれません。

中継機というよりは、EPSONの無線LANプリンタの注意点と言った方がよさそうですね。

詳しくないのであまり分かりませんが。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。