CHANEL J12 ラバーブレスレット

2000年から2008年あたり

CHANEL J12の歴史においても初期と言える時期です。

CHANEL J12には「ラバーブレスレット」の商品がいくつかありました。

ここではそのラバーブレスレットと商品について書かせていただきます。

ブレスレットとベルト

腕時計における「ブレスレット」と「ベルト」という表現は曖昧で何が正解かは分かりませんが、当サイトではCHANEL J12のセラミックと同形状のものを「ブレスレット」、それ以外を「ベルト」と表現しています。

↓こちらがセラミック「ブレスレット」で、

CHANEL J12 CHRONOGRAPH 9P DIAMOND 41mm H2419

↑CHANEL J12 クロノグラフ ブラック 41mm H2419

↓こちらがラバー「ブレスレット」です。

CHANEL J12 ラバーブレスレット

形はほぼ同じですが、艶の有無が違います。

ただし、同じようなラバーでも形状の違うこちら↓は、当サイトではラバー「ベルト」と表現しています。

CHANEL J12 Marine38 H2561

↑CHANEL J12 MARINE ブラック×ブルー 38mm H2561

CHANEL J12 MARINEは「ラバーベルト」なので、今回の記事の対象外となります。

ラバーブレスレットの特徴

最初期のCHANEL J12 ブラックは、腕時計本体部分に対して「レザーベルト」「ラバーブレスレット」「セラミックブレスレット」という3種類が販売されていました。

例えば、H0680H0681H0682や、H0938H0939H0940です。

3種を「比較」した場合の価格や特徴は以下になります。

ベルト/ブレスレット価格特徴
レザー光沢無し
カジュアル
軽い
傷みやすい
ラバー光沢無し
軽い
劣化する
セラミック光沢あり
派手
重い
劣化しない

しかし、ラバーブレスレットの最も大きな特徴としては、

「セラミックブレスレットと同じ形状」

になります。

そして、形状がセラミックブレスレットと同じですので普通の腕時計のラバーベルトのように簡単には切れません、というかほぼ切れることはありませんが、どうしても表面は劣化してしまいます。

ラバーですので、永久に使えるというものではないのです。

劣化しやすいラバーブレスレットですが、CHANELで新品に交換することができます。

なくなったラバーブレスレット

2010年くらいから2021年現在まで、ラバーブレスレットの新製品は販売されていません。

多少値段が高くてもいつまでも綺麗なセラミックの方が人気があったということもあるのでしょうが、

軽くてリーズナブルとはいえ、ラバーブレスレットはCHANEL J12においてその存在意義を保つことができなかったのでしょう。

ラインナップ

以下に、ラバーブレスレットのCHANEL J12を列挙します。

H0681

CHANEL J12 H0681 33mm

↑CHANEL J12 ブラック 33mm クォーツ ラバーブレスレット H0681

H0684

CHANEL J12 ブラック 38mm ラバーブレスレット H0684

↑CHANEL J12 ブラック 38mm ラバーブレスレット H0684

H0939

CHANEL J12 Chronograph ラバーベルト H0939

↑CHANEL J12 クロノグラフ ブラック 41mm ラバーブレスレット H0939

H2004,H2039,H2681

CHANEL J12 Superleggera H2039 41mm

↑CHANEL J12 スーパーレッジェーラ 41mm H2039

スーパーレッジェーラの3つについては、ラバーブレスレットと相性の良い「マットブラック」のケースになっています。

マットブラックとラバーブレスレットは、艶感も近いので違和感を感じることもないかと思います。

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。