CHANEL J12 ブラックのブレスレットの話

2020-08-23

CHANEL J12 ブラックのブレスレットの話です。

背景

まず、CHANEL J12の時系列としては

  • 2000年 ブラックを発表
  • 2002年 クロノグラフを発表
  • 2003年 ホワイトを発表

のようになっています。

意外にも、ホワイトよりもクロノグラフの方が早いのです。

出典:EVANCE様

↑CHANEL J12 ブラック 38mm オートマティック H0685(前期型)

ブラック初期は3種のブレス

ホワイトがリリースされる前のCHANEL J12の初期のブラックは、それぞれ3種類のブレスレットを同時リリースしていました。

具体的には以下の3シリーズ「33mm」「38mm」「クロノグラフ」になります。

Ref.ブレスレット
H0680レザー
H0681ラバー
H0682セラミック
↑CHANEL J12 ブラック 33mm
Ref.ブレスレット
H0683レザー
H0684ラバー
H0685セラミック
↑CHANEL J12 ブラック 38mm
Ref.ブレスレット
H0938レザー
H0939ラバー
H0940セラミック
↑CHANEL J12 クロノグラフ ブラック 41mm
CHANEL J12 BLACK 33mm LEATHER BELT H0680

↑CHANEL J12 ブラック 33mm レザーベルト H0680

しかしこれ以降、ホワイトも含めブレスレットの違いによる3種類がリリースされることはありませんでした。

おそらくですが、「ラバーの存在意義を見出せなくなった」「ホワイトではリリースできるような品質のラバーを実現できなかった」あたりが理由だと予想しています。

個人的には、ホワイトのレザーはリリースされてもよかった気がしますが、こちらも何か理由があったのでしょう。

↑CHANEL J12 ブラック ラバーブレスレット

3種の違い

ブレスレットの違いによる価格や特徴は以下になります。

ブレスレット価格特徴
レザー光沢無し
カジュアル
軽い
傷みやすい
ラバー光沢無し
軽い
劣化する
セラミック光沢あり
派手
重い
劣化しない

レザーについては価格が安いこともありますが、革ベルトが好きな人も一定数存在するので需要もあったのでしょう。

一番高いセラミックですが、「これぞCHANEL J12」というフラッグシップですので価格が高くてももちろん売れたでしょう。

ラバーやシリコンのベルトを好む人ももちろんいますが、J12のラバーブレスレット版は価格的にも外見的にもレザーとセラミックの中間で、さらにラバーやシリコンベルトを好む人はCHANEL J12を選ぶ層とはズレていたのではないかと思われます。

レザーベルトについては、「レザーである」ことが売りなのでセラミックブレスレットと形状が違った当たり前なのですが、ラバーブレスレットについてはセラミックブレスレットと同じ形状にも関わらず光沢がないため本体とブレスレットの艶の違いが気になるということもあるかもしれません。

上記も含め様々な理由でラバーがもっとも売れなかったと思われます。(というよりはレザーとセラミックが売れた、という表現の方が良さそうですね。)

ラバーブレスレット版は中古市場においてもタマ数が圧倒的に少ないです。

マイチェン2009には対応せず

その後、ブラックについて3種類のブレスレットがセットでリリースされることはなく、上記のレザーベルト版とラバーブレスレット版は生産終了・販売終了となり、2009年のマイナーチェンジに対応したのはセラミックブレスレット版のみとなりました。

ラバーブレスレットは消えたのか?

上記のH0681、H0684、H0939以降、ラバーブレスレットはどうなったのでしょうか。

実は、SuperleggeraMARINEでラバーブレスレットが採用されています。

しかしどちらも「ラバーである」ための明確な理由を持っています。

Superleggeraは「軽量」で、MARINEは「海」です。

それ以外ではリリースされていないラバーブレスレットですが、個人的には「消滅した」というよりは「マットブラックに進化した」と考えています。

ラバーとマットブラック

以下の記事にも書いていますが、ラバーとマットブラックは外見的に似ています。

もちろん以下のように違いもあります。

ラバーマットブラック
安価高価
劣化しやすい劣化しづらい
軽い重い

さらに、マットブラックの一番のメリットは、ケース自体もマットブラックになるため、ケースとブレスレットの質感が同じになることだと思います。

まとめ

現在ではリリースされなくなったラバーブレスレットですが、素材ではなく「艶消しブラック」という観点で考えると細々と続いているとも言えます。

ラバーブレスレットがなくなってしまい残念だと思っている方は、マットブラックのCHANEL J12に目を向けてみるのもいいかもしれません。

CHANEL J12 マットブラックのラインナップは以下になります。

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。