連載再開を願う4行詩

腰の痛みで連載が中断され
世の中の読み手は飢え乾き乳飲み子は成人する
竈と虎が取り繕う仮初めの幕間劇をよそに
収納場には新たな在庫がわずかに増える

月の兎が寄り添う傍らで
冨んだ樫の木はそれでも電脳遊戯に縛られ続ける
何よりも時の刻みを恐れなさい
未完で迎えてしまう最期より悔いるものはないのだから

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。