CHANEL J12 ベゼルのズレと対策

2019-12-04

CHANEL J12に限ったことではありませんが、回転ベゼルとなっている腕時計では、ベゼルの目盛りとダイヤルの目盛りがキッチリ合わない状態になっているものをときどき見かけます。

CHANEL J12 H2979 ベゼルのズレ

新品時からこの精度、とは思いたくありませんので、長年の使用に伴うズレということにしましょう。

少しズラすことで合わせられる程度の場合もありますが、どうしても合わせられない場合もあります。

気付いてしまうと気になりだして、気が狂いそうになります。

他の腕時計では分かりませんが、CHANEL 12では比較的簡単に直せます。

「比較的簡単」といっても、ベゼル交換ができることが前提となります。

ベゼル交換については「CHANEL J12 ベゼル交換」のページを参照してください。

ベゼルのズレの修正方法

↑こちらのパーツをベゼルに組み付けるときに

↓のように、黒いパーツとベゼルの切り欠き部分を合わせてから組み込むといいです。

CHANEL J12 ベゼル交換

と言いましても、1秒の目盛りが1mm程度ですので、最大でズレても0.5mmということになります。

つまり修正作業の精度は0.5mm以下が求められるということです。

適当にやっても1/3くらいの確率で、大体いい感じにはなると思いますが、何も考えずにやると、何度やってもピッタリ合わない可能性もありますので、1度目からある程度予想して、少なくとも2度目で合わせられるように、1度目の位置を覚えておくのがよいかと思います。

無理矢理に逆回転させようとすることで直せる可能性もありますが、

力を加えると、この赤丸の部分が破損してしまう可能性が高いです。そうなると、修理は大変になるかと思いますので注意してください。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、ブログ内で検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。

Posted by sp-president