CHANEL J12 製品の基本(02)ベゼルの種類

2019-11-13

ここでは、CHANEL J12のベゼルについて、形状や色の説明をします。

なお、ダイヤベゼル等高価なものや「アンタイトル」「グラフィティ」等レアモデルは実物を見たことがないこともあり割愛させていただきます。

ベゼルの種類 インサートの有無

J12のベゼルには大雑把に2種類があり、ベゼルインサートがあるものとないものが存在します。

多くの方が「J12」としてイメージするのは、こちら↓のベゼルインサートが「ある」ものになるでしょう。

CHANEL J12 H0680

で、ベゼルインサートが「ない」ものというのは、このような↓もののことです。

CHANEL J12 Superlaggera H3409

ちなみに、ベゼルインサートというのは↓この部分のことです。

CHANEL J12 ブラック ベゼルインサート

ベゼル本体(外側のシルバーの部分)のデザインは大体同じなのですが、印象がまったく異なります。

ベゼルインサートが「ない」のは「J12 GMT」「J12 Superleggera」「J12-365」の一部モデルになります。

さらに、「J12 GMT」「J12 Superleggera」には、ベゼルインサートが「あるもの」と「ないもの」の両方が存在します。

具体例としては、J12 GMTについては

  • ベゼルインサートあり:H2012,H2126
  • ベゼルインサートなし:H3099,H3101,H3102,H3103

のようになっています。

さらにさらに、

ベゼルインサートありとなしの中間のようなモデルもあります。

CHANEL J12 ファーズ ドゥ リュヌ H3406

↑CHANEL J12 ファーズ ドゥ リュヌ H3406

実物を見たことはありませんが、ベゼルインサートがかなり小さい(細い、狭い、薄い)です。

色の違いだけではなく、刻印の有無

J12の基本のカラーとして、ホワイトとブラック、それに加えてクロマティックが存在します。

実は、この色によってベゼルの仕様が異なります。

J12の多くのモデルでベゼルインサートには0,15,30,45の数字と5分ごとの目盛りが表示さています。

CHANEL J12 ブラック ベゼルインサート

この数字と目盛りについて、ブラックとクロマティックはセラミックのベゼルインサートに対してレーザーで刻印したものになります。

つまり、数字と目盛りがへこんでいます。

CHANEL J12 Chronograph H2419

ブラックとクロマティックともに、刻印された部分は「ホワイト」ではなく「シルバー」になります。

ブラックモデルの中古品の画像で、ベゼルインサートの数字と目盛りが汚れたホワイトのように見える場合がありますが、実際にはシルバーのです。

それに対してホワイトは、ガラスの内側がホワイトとシルバーで塗り分けられたベゼルインサートになります。

「ガラス」と書きましたがこれは予想です。サファイアクリスタルとかではないと思います、よく割れているので。

↓ちょっと小さくて分かりづらいのですが、ブラックの目盛りは刻印になっており、ホワイトのベゼルはフラットになっています。

CHANEL J12 33mm ベゼル(ブラック/ホワイト)

結局、ブラックもクロマティックもホワイトも、数字と目盛りの部分はシルバーになりますが、ブラック/クロマティックとホワイトでは質感がかなり違います。

なぜこのような仕様の違いがあるのでしょう。

さらに細かい話ですが、ブラックのベゼルインサートはツルツルの光沢ありですが、クロマティックは同心円状にヘアライン処理されていて光沢が抑えられています。

CHANEL J12 H2979

ちなみに、この仕様の違いのため、ベゼルの破損のしやすさ、仕方も変わってきます。後述します。

このベゼルの仕様違いによって、ホワイトの方が綺麗でキラキラしているため見づらく、ブラックの方が男らしく見やすいという印象になります。まぁ、ベゼルの数字は地上で読む必要もないとは思います。

数字のないベゼル

J12 インテンスブラックやJ12 29MMや一部モデルでは、ベゼルインサートに数字がなく、バー(棒)タイプの目盛りのみになっています。

CHANEL J12 インテンスブラック H4196

CHANEL J12 インテンスブラック H4196

左右対称性の高いこのベゼルも好きです。

回る回らない

ベゼルインサートに数字が記載してあるものは「逆回転防止ベゼル」ということで回るのですが、

ベゼルに数字が記載していないものについては「回らないものがある」ようです。

ただしベゼルに数字がないのに回るものがあるっぽい、ということです。こちらについては調査中です。

ベゼルインサートがあるのに「回転しないもの」については、以下になります。

  • HJ12 インテンスブラック
  • J12 29MM
  • J12・XS
  • J12 ファーズ ドゥ リュヌ
  • J12 H2422(ホワイトダイヤモンドインデックス):セラミックベゼル数字なし

ダイヤベゼルについては、回転するかどうか不明です。(基本的に、回転しないと思います。)

「アンタイトル」のベゼルは回転しません。

ベゼルの壊れやすさ、壊れ方

中古品ではベゼルが破損しているものを見かけますが、ブラックよりもホワイトの方が多い気がしますので、ホワイトの方が破損しやすいということだと思います。

手元に破損したベゼルがありますので、参考までに。

CHANEL J12 ブラック 33mm ベゼル破損

↑J12 ブラック 33mmのベゼルです。59分位置が破損しています。ベゼルインサートではなく、ベゼル自体の破損ですね。ステンレススチールが欠けています。

CHANEL J12 ホワイト 33mm ベゼル破損

↑J12 ホワイト 33mmのベゼルです。18分位置が破損しています。ベゼルインサートのガラスが割れています。破片は欠落していません。

ベゼル交換

ちなみにベゼル交換については以下の記事が役に立つかと思います。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、ブログ内で検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。

Posted by sp-president