北海道のクルマバッタモドキ

2019-07-01

クルマバッタモドキは一番良く見かけるバッタかと思います。

「私の常識」では、北海道、札幌で見るクルマバッタモドキは大きくても体長3cm程度です。

(余談ですが、北海道はやはり本州に比べると昆虫の個体は小さめです。札幌はさらに小さめかもしれません。ニセコとかに行くと若干大きく感じますので。)

大きいのが3cmですので、メスが3cmで雄は確実にそれ以下になります。

しかし、子どものときに1度だけ、1匹だけ規格外を見たことがあります。

自転車で走っているときに、道路にそれはそれは大きなクルマバッタモドキを見かけて、慌てて引き返して捕まえました。

見た瞬間には絶対に見間違いと思いました。

「え?え?え?」という感じでとても興奮したのを覚えています。

子どもの頃の記憶ですので多少の誤差はあるかもしれませんが、体長6cm以上はあった気がします。トノサマバッタのオスとメスの間くらいの大きさだったと思います。

私が知っているクルマバッタモドキの2倍以上もあったので、その衝撃はかなりのものでした。

突然変異かとも思いました。

北海道だけが小さいのか?という気持ちもがりますが、宮城県もそんなには変わらない印象です。

ネットで調べると、体長6cmならあり得る大きさのようですが、私は本州でも北海道でも6cm級を見たのはその1匹だけで、4~5cm程度のものも見たことがありません。

私が知りたいのは

  • 本州にはどれくらい6cm級がいるのか
  • 北海道にはどれくらい6cm級がいるのか

です。

また見てみたいです。

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。