CHANEL J12の有料メンテナンスについて

2019-03-26

CHANEL J12に関する「シャネルでの」メンテナンスについて。

価格、納期、腕時計を持ち込むとどうなるのか等記載します。

なお、以下に記載してある価格は2019年後半に調べたものです。2019年10月から消費増税もありましたし、価格、納期について正確性が必要な場合は念のため各自でお調べ願います。

シャネルにJ12を持ち込むと

先日、電池交換希望でシャネルに腕時計を持ち込んだところ、特にギャランティー等の提示の要求はされず対応してくださいました。その際、およその使用年数については聞かれました。

ちなみにCHANEL J12に関しては並行差別(どこで買ったかによってメンテナンス料金が変わる等)はありません。

さらにギャランティ(保証書)を持っていなくても「ギフト(いただきもの)」扱いで特に問題なく対応してくれます。(というか、そもそもギャランティについて聞かれませんでした。)

スタッフさんが腕時計を裏に持ち込んで、腕時計の状態を預かり伝票に(10分間ほど)書き込んでいましたので、その際にシリアルを確認していると思われます。

「XXの理由で、パーツ交換できなかったら~」など、偽物や社外パーツの利用を想定したようなことは言われませんでした。

預かり伝票に記載された「ストラップご愛用感有」というメモにほっこりしました。「使用感」ってことですよね。要するにボロボロということなのですが、CHANELスタッフへの教育が行き届いているのを感じました。

created by Rinker
¥538,000 (2020/07/15 05:29:53時点 楽天市場調べ-詳細)

各種作業には時間がかかる

軽微な作業でも東京での作業になりますので、往復輸送の時間がかかります。

自動巻きのオーバーオールはフランスへの発送になると思います。

最低3週間程度、と考えておきましょう。

電池交換(クォーツ)

クォーツの電池交換(バッテリーサービス)は6,000円+消費税です。

クォーツの機械に問題があった場合のパーツ交換(トータルサービス)は37,000円+消費税です。トータルサービスには電池交換も含まれます。

クォーツの電池交換の納期について。見積り出すまでが約2週間で、作業が約3週間とのことです。(長すぎですよね、どうしてこんなにかかるのでしょう…)

実際にほぼ5週間かかりました。

電池交換の目安となる4秒運針について、以下の記事に記載しています。

4秒運針になったら(シャネルじゃなくてもいいので)電池交換しましょう。

自動巻きオーバーホール

オートマティック(自動巻き)のトータルサービス(つまりオーバーホール)は、45,000円+消費税で、J12キャリバー12.1(つまり、2019年以降のニューモデルの自動巻き)は53,000円+消費税です。

ニューモデルは料金が上がっちゃうんですね…

クロノグラフ」と「ファーズ ドゥ リュヌ」のトータルサービスは65,000円+消費税です。

レザーベルト交換

レザーベルト(バックル除く)の交換は20,000円+です。(33mmブラックで確認)

レザーベルトを採用しているリファレンスは以下です。(G10を除く)

  • H0680(ブラック 33mm ブラックレザー)
  • H0683(ブラック 38mm ブラックレザー)
  • H0938(ブラック クロノグラフ 41mm ブラックレザー)
  • H1336(ホワイト 33mm ピンクレザー)
  • H1337(ホワイト 38mm ピンクレザー)
  • H2620(ブラック GMT 42 mm ブラックレザー)

なお、レザーベルトには「S」「M」「L」というサイズがあり、普通に購入すると「M」がついているそうです。

私が交換した際には「S」を勧められましたので、「S」にしました。

ラバーベルト交換

ラバーベルトの交換は3万円程度という2015年時点での噂があります。

セラミックブレス購入

セラミックブレスの(単品)購入も可能なようで、価格は200,000円+消費税です。マジで? orz

あまりにも高い気がするのですが、「修理」の場合はもう少し良心的な別料金を設定してくれているのだと願います。

バックルの板バネ修理

板バネ(バネ板)の修理(交換?)は3,000円+消費税で可能ということです。

ただし、こちらも東京への発送になるため、納期(修理期間)は3週間とのことです。

もちろんいろいろな面から難しいのでしょうが、その場ですぐ交換してもらえると嬉しいんですけどね。

ベゼル修理・交換

ベゼル修理・交換は(38mmの場合)3万円です。

ベゼル修理・交換は6~7万円という噂もあります。

カボション欠落

カボションというのは、リュウズ先端についているセラミックのやつです。

CHANEL J12 カボション

こちらのカボションが欠落した場合、18,000円で修理可能との噂です。

意外と見かけない故障ではありますが、修理代金は割高感がありますね。

普通にしていて外れてしまうならほとんどの状況で気づけないと思いますが、腕時計を落としてしまったときにはカボションが外れてしまっていないか確認するのがよさそうです。

パーツを見つけられれば、自分で修理することも可能そうです。

修理を終えると

大体、こんな感じ↓で戻ってきます。

CHANEL J12 メンテナンス

この腕時計ケース、メルカリ、ヤフオク等で数千円で取引されています。

保証書について

保証書(ギャランティー)について

CHANEL のWebサイトには以下の記載があります。

時計のメンテナンスをご希望の際は、シャネル ブティック、シャネル ファイン ジュエリー ブティック、またはシャネル ウォッチ正規販売店 に時計をお持ちください。


シャネルのリペアサービス以外で時計が修理・点検された場合、時計に深刻な損傷が生じても国際保証の対象とはなりません。シャネルが規定する基準に合致しない交換パーツを使用した場合も同様です。


保証期間内に修理・点検に出される場合は、必要事項が正しく記入されたシャネルの保証書を必ずご提示ください。

https://www.chanel.com/ja_JP/watches-jewelry/s/care-and-services/watches/drop-off/where-to-leave-your-watch

上記の「保証書を必ずご提示ください」というのは、保証期間内で保証を使うときの話です。

保証期間外、保証を使わないのであれば保証書は必要ありません。

他社でのメンテナンス作業

THE CLOCK HOUSEに、J12 クロノグラフのオーバーホールの価格を確認したところ、メーカー(つまりCHANEL)送付になり、91,000円とのことでした…

社外修理については当ブログ内の以下の記事が参考になるかと思います。

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。