「童貞」とか「ブス」なんて言葉はこの世から消えて無くなればいいのに

2020-12-31

言葉によってその概念の輪郭というものが見えてくるということは確実にあると思います。

例えば「パワハラ」とか「自粛警察」という言葉が出てくるまでは、そういうものがあると頭の中でぼんやりと理解しつつも、言葉として具現化されるまでは得体が知れないような感覚。

ごく一部ではありますが例えば、個人的には「童貞」とか「ブス」という言葉が嫌いです。

自分から発したくもないですし、できれば他の人からも聞きたくないです。

言葉が嫌いというのは、その考え方・価値観が嫌いということなのだと思います。

状態を表す言葉なのでしょうが、(他の状態と区別するためであったとしても)その状態を表すことに価値があるのでしょうか。

どうでもいいじゃん。

そんな言葉に振り回されて悩んでいる人がいるのかと思うと心苦しいです。

そういう言葉がなくなれば、そういう考え方や、それに付随する悩みも減るのではないかと考えた次第です。

日本中の全員がその言葉を使うことがなくなり、ASAP(なる早)で死語として葬られ、発すること自体が「恥ずかしい」世の中になることを望みます。

あなたの「言わない」が世界を変えるかもしれません。

以上。

記事はここまでです。