お店でみんなが並んでいるのに並ばないと怒られる話

2019-12-17

予約ができるお店

ファーストフードでも人気の食品店でも、レジその他で「並び」が発生することはよくあるかと思います。

いくつかのお店では「予約」が可能で、予約をすると

「並ばずに店員にお申し付けください。」

というシステムになっていることが今までに何度かありました。

予約したということは、「商品を選び終えている」ということなので、並ばないのは合理的ではあると思います。

実際にお店に行ってみると

で、予約後にお店に行ってみると他のお客がたくさん並んでいます。

予約済みの私は横入りのような形で並びの列を素通りして一番前に行くことになるわけで。

悪い予感は、する。

たしかに店の入り口やレジのところには申し訳程度に「ご予約の方は並ばずに、お申し付けください」とは書いてある。

が、列の後ろの方に並んでいる人には見えるわけもなく。

列をスルーすると、結構な確率で並んでいる人に声をかけられる。

まぁ、そうなるでしょうね。私が悪者に見えるでしょう。

並び:「ちょっと、並んでんだけど!」

だけど、

何?

お前、並び組の期待を一身に背負ったつもりで、いい気になってるな?

お行儀のよくてビビリな私は

私:「逆に、なんで並んぢゃってるわけ?」

とは言わず、愛想笑いまでお付けして

私:「予約したんですよ~ ☆(・ω<) 」

で済ます。

予約した人は並ぶ必要はない、までは言わない。自分で調べて。

正しいこっちが敬語で、間違ってるお前はタメグチ。分かってんの?

怒りで食いしばった歯槽膿漏から血が出る。

理不尽の極み。

ちなみに謝られたことはありません。

どう思っているのだろう。

「勘違いさせんなや!」とか思っているのでしょうか。

店も悪いとは思うけど

この「予約、並ぶべからず」のシステム。

戦争の火種を抱えているのは容易に想像できます。

なので、店側で「予約、並ぶべからず」を周知徹底してほしいところです。

しかし、いろんな事実確認をせずに、第一声からキレる人。

キレられる側だと腹立たしいけど、キレる気持ちも分かる。

「自分が正しい」と思っているのだから。

この自分が正しいと思うのは仕方がないことで。

というよりは、多くの人が正しいと思っていることをやっているのだから。

気持ちは分かるので、自分もよく確認をせずにキレてしまわないように気を付けたいとは思います。

「は?」って言わないようにしています。

解決策

「予約、並ぶべからず」の周知徹底の他の解決策としては

細かく考えると、

「物を選ぶ」ということと「支払いをする」ということが一緒にされ、一緒に並んでいることが問題なのでしょう。

さらに厳密には「物を選ぶ」と「選んだものを伝える」も別にした方がいいんでしょうね。

方法はなんでもいいので、店の前で凄惨な事件が起こらないようになんとかしてください。

もしかして、店として揉め事を楽しんでたりはしませんよね?

似たような事例

これと似たようなことが他にもありました。

自宅のそばで、燃えるゴミの日の朝に、ゴミ捨て場方向に向かって、小さな油圧ジャッキを持って歩いていたときです。

すれ違った高齢女性が

「あんた!それ捨てるつもり?」

と聞かれる。

ある意味治安が良さそうではあるが、やはり私が悪者という前提。

国内で上位15%に入るくらいの善人面なんだけどな~。中途感半端ねぇ。

さっきの並んでいた奴よりは「美しい地球を守りたい」という意味では意識が高いのが分かる。

そういうの、嫌いじゃないぜ。ムカつくけど。

笑顔で「タイヤ交換するだけなので、捨てませんよ~」と対応。

今、分かったこと

ここまで書いて思ったのですが、

「間違っていない」ことよりも「誤解されない」ことも大事なんでしょうね。

でもやっぱり納得いかない。

こっちが頑張るの?

誤解されないように頑張るよりも、キレ気味正論でぐうの音も出ないほどに論破したいという気持ちが強い。もちろん相手の無礼を超えない程度の無礼をもって。

キレるくらいなんだから、キレられることも当然知ってほしい。

キレられる覚悟でキレてくださいや。

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。