CHANEL J12-G10 GLOSSとは

2020-08-20

ここでは、CHANEL J12-G10 GLOSSについて解説します。

CHANEL J12-G10 GLOSS ブラック 33mm クォーツ H4657

↑CHANEL J12-G10 GLOSS ブラック 33mm H4657

G10 GLOSSとは

CHANEL J12-G10 GLOSSの前に、CHANEL J12-G10について簡単に触れます。

2015年に、CHANEL J12-G10(「GLOSS」なし)というものがリリースされました。

その特徴は以下になります。

  • ケースはブラック・ホワイト・クロマティック
  • ケースサイズは38mmと33mm
  • 2種類のブレスレット(レザーとナイロン)を付属

で、この「G10」という言葉は、「G10ストラップ(NATOストラップ)」から来ているものと思われます。

要するに、CHANEL J12のナイロンストラップ版+交換用レザーベルトということです。

↑CHANEL J12-G10 38mm H4187

CHANEL J12-G10のポイントはブレスレットが2種類付属しており、工具なしで簡単に交換できるというところでしょう。

そしてCHANEL J12-G10リリースから1年後となる2016年にCHANEL J12-G10 GLOSSがリリースされました。

CHANEL J12-G10と比較するとGLOSSの特徴は以下になります。

  • ケースサイズ33mmのみ
  • レザーストラップからエナメル カーフ ストラップに変更

「GLOSS」は「艶」ですので、テカテカのエナメルカーフストラップの艶のことでしょう。

2020年08月現在で販売中の現行モデルになりますが、2019年のリニューアル内容は反映されていないものになります。

考察

G10はメンズまたはユニセックスでしたが、G10 GLOSSは主にレディースとなります。

女性でも工具無しでベルトが簡単に交換できるようになっています。

さらにナイロンベルトの方も簡単に着脱できるように、ボタンホールがついたベルトタイプになっています。(ベルトループを通すだけで固定するタイプではないという話です。)

↑CHANEL J12-G10 GLOSS ブラック 33mm H4657

出典:宝石広場様

↑CHANEL J12-G10 GLOSS ホワイト 33mm H4656

ベルトは本体裏と腕の間を通ることになりますので、裏蓋の金属に触れる面積はわずかになります。

ラインナップ

H4656

CHANEL J12-G10 GLOSS ホワイト 33mm クォーツ H4656

↑CHANEL J12-G10 GLOSS ホワイト 33mm H4656

H4657

CHANEL J12-G10 GLOSS ブラック 33mm クォーツ H4657

↑CHANEL J12-G10 GLOSS ブラック 33mm H4657

購入について

2020年08月現在で税込489,500円という定価です。

新品が並行店で見つけられれば、中古と同様に30万円程度からありそうです。

新品も中古も価格があまり違わないので、新品での購入を強くお勧めします。

理由は、ブレスレットがセラミックでないこともあり非常に傷みやすいということもあります。

ナイロンブレスレットは汚れやすくけば立ちやすいです。エナメルカーフストラップはしわが入りやすいです。

また、中古で購入する際にはブレスレットが2種類付属しているか要確認です。たまに1種類しか付属していないものも見かけます。

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にもCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

300記事くらいあるはずです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、記事下のランキングボタンの少し下にある「サイト内検索」から検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。