2019年トノサマバッタ日記(11)ー1齢幼虫(5)

2019-06-27

6/24つまり、孵化から約2週間経ったときの話です。

8割以上が脱皮して2齢幼虫になったようです。

下は脱皮直後の2齢幼虫です。

トノサマバッタ 脱皮直後の2齢幼虫

脱皮直後で色が薄いのですがこの後、黒くなったと思います。

トノサマバッタ 2齢幼虫

脱皮の殻を集めてみました。

トノサマバッタの脱皮の殻(1齢から2齢)

このときは多くの個体に元気がなかったので心配したのですが、現在はほとんどが元気なので脱皮直後ということが理由だったのだと思います。

孵化から約2週間半で、大体が2齢幼虫になったと思います。

余談になりますが、外にバッタの餌用の雑草を取りに行ったときに、ヒメギスがいました。

予想になりますが、肉食のキリギリスと外見がそっくりですので、ヒメギスもきっと肉食なのでしょう。

トノサマバッタの幼虫をどのような生き物が捕食するのかと考えてみましたが、きっとアリ、クモ、ヒメギス、両生類、爬虫類等なのではないかと思います。

キリギリスの幼虫はまだ小さいのではないかと思います。

次の日記へ

次の日記へ

トノサマバッタ日記一覧

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。