2019年トノサマバッタ日記(29)ー成長格差(1)

2019-08-09

2019年08月09日

以下の1枚の写真。

トノサマバッタの成虫と4齢幼虫

これ、親子に見えますが、同日に産まれた兄弟です。

こんなに大きさが違うのです。

左の大きい方は成虫のメスで、右の小さい方は4齢幼虫だと思います。

幼虫の方は、2齢、3齢幼虫の期間が以上に長く、先日4齢幼虫になったばかりです。

4齢幼虫になるのは難しいのかと思い半分諦めていましたので、4齢幼虫になったときにはすごくうれしく思いました。おめでとう!

本郷奏多さんのように、根本的に食が細い(食欲が少ない)のだと思います。

うちの妻も以前は同じような感じで「(食べ物というものを)できれば食べたくない」と言っていました。

バッタの話に戻りますが、先に成虫になるような成長の速い個体はやはり食欲旺盛のように見えます。

草ばかりたべてこんなに大きくなるのが驚きです。

4齢幼虫さん、いつ成虫になれるのでしょう。

成虫になるにはあと2回脱皮が必要。

その脱皮をあと2回も4齢幼虫は残している…

寒くなる前に成虫になれるのでしょうか。

以上。

2019年トノサマバッタ日記リンク

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。