息子へ-009-不平等の極み

2020-06-25

あなたが生まれ落ちたこの世界は平等ではありません。

地域、人種、血、親、家、能力、見た目、健康、その他すべて。

何から何まで全員違います。

限られた条件では「平等であるべき」ですが

平等を求めてもがっかりするだけです。

ただ、あなたから発する何かについては平等で構いませし、ある程度以上にそういうことができる人になってほしいです。

いや、「平等」とかあんまり深く考えずに、その場その場で人としてやるべきことをやればいいのかな。

以上。

記事はここまでです。