SEIKO BRIGHTZ SAGA146 とは

2020-01-31

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

セイコー ブライツ SAGA146

という腕時計について記載します。

最後の方に動画あります。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

ソーラー電波時計です。

スペック

  • リファレンス:SAGA146
  • ケース:ステンレススチール
  • ベゼル:ステンレススチール
  • ブレスレット:ステンレススチール ブレスレットタイプ
  • 風防:サファイアガラス スーパークリア コーティング
  • ムーブメント:ソーラー電波 アナログ3針
  • 防水性能:10気圧
  • ケースサイズ縦:
  • ケースサイズ横:41mm(リュウズ含む)
  • ベゼル直径:41mm
  • 風防直径:38mm
  • 厚さ:11.8mm
  • ラグ幅:19mm
  • バックル:三ツ折れプッシュタイプ中留
  • カレンダー:あり
  • 夜光:時針、分針、15分ごとのミニッツマーカー
  • 重量:約125g
  • 腕回り:約13cm~
  • 販売時期:2013年~不明
  • 定価(消費税8%込み):
  • その他:過充電防止機能、即スタート機能、パワーセーブ機能、フルオートカレンダー機能(2099年12月31日まで)、ワールドタイム機能(24都市)、デュアルタイム表示機能、レトログラード式曜日機構、電波修正機能(日本・中国・アメリカの標準電波を受信)、自動受信機能、強制受信機能、受信結果表示機能、針位置自動修正機能

レビュー

現在のセイコー「ブライツ」は、「ソーラー」「クォーツ」「ワールドタイム」の数万円~十数万円の価格帯になるのでしょうか。GPS付きのアストロンよりは安い価格帯なのだと思われます。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

第一印象

とても綺麗で爽やかな印象です。清潔感も感じさせてくれます。

ピンクゴールドが薄めであることもありますが、ベースカラーがシルバーとホワイトですので、ピンクゴールドがほとんど主張しません。

ビジネスシーンでもまったく問題なく使用できると思います。

所感

まず、この時計の美しさは、画面では伝えきることがまったくできません。できるなら実物または動画を見てほしいです。

電波時計(RADIO WAVE CONTROLL)なので、日付や時刻の調整が必要ありません。また、常に正確な時刻を表示しますので、正確な時間を知りたい人におすすめです。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

ベゼル

ヘアライン処理されたステンレス部分に黒い文字でワールドタイムの都市名が刻印されています。ステンレス部分の外側がピンクゴールドになっています。

  • UTC/LON→UTC/ロンドン
  • PAR→パリ/ベルリン
  • CAI→カイロ
  • JED→ジッダ
  • DXB→ドバイ
  • KHI→カラチ
  • DAC→ダッカ
  • BKK→バンコク
  • BJS→北京(中国)
  • TYO→東京(日本)
  • SYD→シドニー
  • NOU→ヌーメア
  • WLG→ウェリントン
  • MDY→ミッドウェー島
  • HNL→ホノルル
  • ANC→アンカレッジ
  • LAX→ロサンゼルス(アメリカ)
  • DEN→デンバー(アメリカ)
  • CHI→シカゴ(アメリカ)
  • NYC→ニューヨーク(アメリカ)
  • SCL→サンディアゴ
  • RIO→リオデジャネイロ
  • PDL→アゾレス諸島

風防

反射防止のコーティングのためか、角度によっては少し青っぽくみえることがあります。正面からみると反射しないこととガラスの透明度が高いことから、まるで風防がないように見えます。不思議な感じです。

ダイヤル

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

それにしてもこの腕時計、うまく撮れませんね。実物はもっといい感じなのですが。私の実力不足です。

ソーラー電池なのか、白のストライプ(縦縞)になっています。

3時方向にデイト(日付)表示、6時方向に24時間計、9~11時方向に曜日(デイ)表示があります。

6時方向の24時間計について。インダイヤルに24,6,12,18の表示があり、時針が1日で1周するようになっていますので、時計を見ただけで午前か午後かわかります。またインダイヤル外輪の傾斜部分に60と30の表示があり、分針もあります。インダイヤルの24時間計に分針がついているのは珍しい気がします。通常の分針で読めるのですから、機能面だけで言えば冗長になります。

曜日表示について。「M」がMonday(月曜日)になり、最後の「S」がSunday(日曜日)になります。月曜から表示されているのが日本らしいですね。また、曜日を針で指して示すというのも独特な気がします。

日曜から月曜になるときに、「S」から「M」に逆行します。これがレトログラード式曜日機構なのでしょう。曜日逆行の動画も最後の方にあります。

ど素人なので、コンピューター制御じゃないのに逆行とか不均一な動きをするって不思議に感じます。仕組みが面白そう。

(レトログラードというと、あのCHANEL J12 H2971という変態時計を思い出してしまいます。是非読んでみてください↓)

セイコー ブライツ SAGA146に話を戻します。

外周付近に様々な文字が表示されていますが、2時方向のボタンで日本(JJY:23秒位置)、中国(BPC:19秒位置)、アメリカ(WWVB:43秒位置)のどの電波を受信したのかを確認することができるようです。

外周の矢印は何の意味があるんでしょうね。きっとワールドタイムに関するものなのでしょうが。

クォーツなので秒針がとても細いです。よくよくよ~く見ると、秒針の仕上げ処理が少し甘い気もしますが、値段なりとも言えます。時針と分針はペンシルタイプで中央に夜光があります。

ソーラーバッテリーなのですが、バッテリーの残量が減ると1秒運針→2秒運針→5秒運針→停止となるようです。

参考までに、CHANEL J12 クォーツ 4秒運針の動画を貼っておきます。

そして、秒針の逆端にブライツの「B」マーク(ブライトリングみたいなやつ)をつけてほしかったのですが、このSAGA146にはついていません。

SEIKO BRIGHTZ

先日、「Bマークが復活」(したモデルがある)というニュースがありましたね。リンク先ページの画像が小さいので分かりづらいですが。

ちなみにブライトリングの針はこんな感じ↓です。

BREITLING CHRONOMAT 44 AB0110

↑BREITLING CHRONOMAT 44 AB0110

さらに余談ですが、クォーツだと電池による駆動力が弱く?あまり大きい秒針を動かせない(動かそうとすると電池の減りが早くなってしまう)という話も聞きます。

腕時計ど素人の私から見るとどれも同じように小さな秒針に見えるのですが、その些細な違いによる影響が大きいのでしょう。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

インデックス

バーインデックスです。12時のみギリシャ数字です。

3,5,6,7,10はカレンダー、24時間計、曜日表示により欠けたりなかったりします。

カレンダー

0時0分0秒ちょうどから、約5秒間かけて日付を変更します。

そして、その後に曜日を変更します。

リュウズ

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

この角度から見るとあまり美しくありませんね。

8つの凸部分でできていますので、ギザギザが大きめです。先端に刻印はありません。個人的な要望としてはBRIGHTZ(ブライツ)の「B」を入れてほしかったところです。

SEIKO BRIGHTZ

電波時計ですので、実際にリュウズを使うことはほとんどないと思います。

その他ボタン

2時側、4時側にあるクロノグラフで言うところのスタート・ストップ、リセットボタンの位置にあるボタンは、ワールドタイム機能のタイムゾーンを選択するために使用するようです。

ケース

ラグの途中で表面処理が変わっています。外側が鏡面、内側がヘアライン仕上げになっています。

裏蓋

私は、この腕時計の裏蓋が大好きです。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146
SEIKO BRIGHTZ SAGA146

ワールドタイムの位相が表示されています。おそらく機能はないのだと思います。このプリントの上からガラスがはめ込まれていると思われ、表面がとてもきれいです。裏スケではないのに裏蓋にガラスが使われているのは珍しい気がします。

写真では伝わりませんね。

ブレスレット

表面がヘアライン仕上げで、側面が鏡面仕上げです。ダブルプッシュ式で着脱が楽です。

安っぽい感じはありません。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

バックル部分に「SEIKO」の刻印があります。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

夜光

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

時針、分針と、ダイヤル外側の4つのポイントのみです。

かなりさみしいですね。

SEIKO BRIGHTZ SAGA146

青緑、エメラルドグリーンっぽい色はとても素敵です。

動画

↓曜日逆行の動画です。カメラ固定でなくてすみません。

余談

セイコーのブライツやアストロン等ちょっと高めの腕時計について。

新品で購入したいと思っているのであれば、アウトレットがお薦めです。

近くにセイコーのアウトレットがあれば、になりますが。

札幌だと北広島の三井か、千歳のレラですね。

「本当にそれは期間限定なのか?」と思うような期間限定で、かなり安く売っていることが結構あります。

買わないまでも行ってみると楽しいですよ。

ブライツもアストロンも格好いいですね。腕が細いのであまり大きいのは似合わないのですが、格好いいものは見ているだけでも幸せです。

小さいアストロンが欲しい!

以上。

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

この他にも腕時計、特にCHANEL J12についてたくさん書いています。以下から気になる記事を読んでいってくださるとありがたいです。

また、CHANEL J12に関して気になることがあれば、ブログ内で検索してみてください。検索エンジンでは引っかからないことも見つけられる可能性があります。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。