AndroVid Pro(Ver.3.2.4)で動画の再生速度を変更

2019-08-05

生物を撮影した動画ファイルなど、動画の再生速度を変更したいということがあるかと思います。

ここでは、AndroVidでの動画ファイルの再生速度の変更の仕方を記載します。

AndroVidでできる再生速度の変更

まずAndroVidでは、動画全編を同じ速さに変換するのみとなります。

例えば、1分の動画ならその途中の10秒のみを2倍速にする、というような編集できません。

それから、変換できる速さの範囲は0.5倍(半分)~2倍です。

例えば、8倍速にしたいのであれば、2倍×2倍×2倍というように3回編集する必要があります。

ポイントをまとめると以下になります。

  • 動画全編に対して一律の速度変更を行う
  • 0.5~2.0倍の速度変更が可能
  • 音声はなくなる

「編集」→「Speed」で再生速度の変更を行います。

再生速度の変更方法

「編集」アイコンを選択

AndroVid を起動すると、以下の画面になりますので、一番左の四角で囲んだ鉛筆+キラキラのような「編集」アイコンをタップします。

how to use AndroVId

動画ファイルの選択

再生速度を変更したい動画ファイルを選択します。

以下は、ファイル選択の例です。

how to use AndroVId

編集前の再生時間を確認

動画ファイル選択後に表示される以下の画面で、画面下に表示される赤四角内の再生時間を確認しておきます。

how to use AndroVId

ここでは「5.2」秒になっています。

「Speed」アイコンを選択

一番右の「Speed」アイコンをタップします。

how to use AndroVId

スライドバーで速さを調整

画面下に表示されるスライドバーで速さを調整します。

how to use AndroVId

左に移動すれば遅くなり、右に移動すれば速くなります。

一番左が0.5倍速(速さ半分)で、一番右が2倍速(速さ2倍)です。

ここでは一番右の2倍にしてみます。

how to use AndroVId

速さの調整ができたら、右下のチェックマークをタップします。

how to use AndroVId

タップ後に表示される以下の画面で、修正後の再生時間を確認してください。

how to use AndroVId

ここでは、5.2秒の動画の再生速度を2倍にしましたので、再生時間は半分の2.6秒となります。

問題なければ、以下の画面で右上のフロッピーディスクのようなアイコンをタップして編集内容を保存します。

how to use AndroVId

AndroVidではこの赤四角のフロッピーディスクのようなアイコンが「ファイルの保存」になります。

以下のようなビデオ解像度の選択画面が表示されますので、()内のファイルサイズを確認の上、適当に選択してください。

how to use AndroVId

↑の方が高画質となります。

ビデオ解像度を選択すると編集処理が開始されます。

how to use AndroVId

これで完了です。編集後の動画の再生速度、再生時間が変わっていることを確認します。

音声はなくなりません。

なお、編集前の動画はもちろん残ります。

例えば、再生速度を4倍にしたい場合は、今回できた2倍速の動画をもう1度2倍速にすればいいわけです。

記事はここまでです。