TAMIYA 1/24 R32 GT-Rを極める制作記02 準備その2

2021-12-31




前回は、作成するR32 GT-Rをイメージするために、人様が作成された実際のプラモデルを拝見しました。

今回は一歩進めて、人様のブログ(プラモデル制作記)を見ていきたいと思います。

そうすることで、メーカーや商品による違い、難易度、作成時のポイント等が分かるかと思います。

リンクは別タブで開くようになっていますで、クリック・タップしてもこのページは閉じずに残りますので安心してください。

商品ごとに記載していますが、自分が購入した以外の商品のブログもおおいに役立つと思います。

皆さん、すごい!すごい!すごい!

これらを読んで実力が伴えば、極められると思います。

私もいつかは・・・

今回は、自分の実力を踏まえ、落としどころ(妥協点)を見つけて進めていきたいと思います。

TAMIYA R32 スカイライン GT-R 1/24

Go with plan B

ボンネットの一部をクリアのままにして、エンジンルームを透過させているのが特徴的です。

スジ彫りについても書かれています。

車高の下げ方やブレーキの加工も参考になりそうです。

そして、このブログ読んで気づいたのですが、「ニスモじゃない」こちらの商品は、前置きインタークーラーがつかないのですね。

TOOLBOXさんのページ

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル
出典: TOOLBOXさんのページ

車高の下げ方を参考にしたいのですが、まだ理解できていません。

購入した自分のパーツ見ながら再確認します。

120secの「とりあえず作ってみるか・・・」

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル

実物の車の画像をチェックし、かなり細かくやっています。

こんなに頑張れません・・・

この車、フルノーマルのいでたちなのにものすごく迫力があります。こだわって調色したガンメタの効果でしょう。

TAMIYA R32 スカイライン GT-R ニスモカスタム 1/24

1/24プラモデル製作記 - painful car modeling -

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル
出典: 1/24プラモデル製作記 - painful car modeling -

3台目の制作記2のところに、前後ディフューザーとサイドスカートの流用について記載されています。マネしたい。

3台目制作記3のところの、パンチコンパスって何でしょう。私も上手に塗り分けたいので調べてみます。

4台目のところにブレーキ関係の記載があります。

6台目の制作記のとことは、足回りなど興味深い情報があります。

7台目ではロケットフラップというものの自作をしています。

1台目?と2台目?については情報量がほとんどありませんでした。

たかさんの道楽工房

エンジンルームもすごいです。

Kazuの模型部屋

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル
出典:Kazuの模型部屋

塗装というか研ぎ出しの工程が分かりやすく記載されています。

ブルーベルの模型直線番長

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル
出典:ブルーベルの模型直線番長

私も気になっているサイドスカートのズレ。ハードな加工で直しています。

タイヤ・ホイールへのこだわりもすごいです。

ヘッドライトの内側の部分?もレベルが違い過ぎて、何言っているか分かりませんでした。

その7のつづきがあるような書かれ方をしているのですが、見つけられていません。

美容師が作る模型 R32 GT-R タミヤ 1/24

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル

文字の情報量は多くはありませんが、製作途中の画像が多くとても参考になります。

内装もすごい。

フジミ R32 スカイライン GT-R 1/24

イワナ君の情報日記

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル
出典:イワナ君の情報日記様

フジミのGT-Rがどんな感じなのか分かります。

たかさんの道楽工房

1/24 R32 スカイライン GT-R プラモデル
出典:たかさんの道楽工房

上のタミヤ ニスモでも紹介させていただいた方です。

ディテールの自作がすごいです。

そして上の画像、実車みたいですね。

以上。

当ブログ予定記事一覧

後記

最後までお読みくださりありがとうございます。

こんなに更新したのに、現在はほぼ誰も見ていないゴミカスクズ無価値ブログです。

よければ(はてな)ブックマークや拡散をお願いいたします。

更新の原動力として励ましが欲しいのです…<(_ _)>

当ブログ内お薦め記事

記事はここまでです。